FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブト虫の家@比叡山 夢見が丘

カブトムシ博士の園のお友達と比叡山のカブト虫の家にいってきました。


出町柳から京都バス51系統に30分ほどのって夢見ヶ丘へ到着。
(途中クネクネ山道をのぼるので後部座席は揺れます。そしてドライブウエイから琵琶湖の景色がきれいにみれるので右側に座ったほうがいいです!)
バス停を下車してすぐ目の前がかぶとむしの家&ざりがに王国で、思いのほかアクセスよし!
先ず、虫除け対策をして、すぐにお目当てのかぶとむしの家へ直行!!!かととおもいきや、その隣の遊具でひと遊びしてから、入り口で入園料を買って、いざ出陣!!

蜂や“名前の知らない虫”にビクビクしつつ雑木林の小道を上って、行くと緑のネットとで覆われた“かぶとむしの家”がありました。

かぶとむしの家だけあって、クワガタさんは遊びにきていませんでしたが(笑)カブトムシがたくさん木にとまっていて、自由に触ったり、眺めたり観察ができます。
かぶと1
最初は触るのを戸惑っていた上の子も、先に来ていた小学生のおにいちゃん達がやっているのを真似て、かぶとむし同士を対決させたりして遊びはじめました。(去年は掴めなかったのに、成長したもんです。)
かぶと2



下の子はというと。。今いろんな物をつかんでは落としてケラケラ笑うのがブームだけあって、かぶとむしが対決して落っこちるのをみて、ケラケラ笑っていました。

その後、かぶとむしの家を出ると、係のおじさんが親切にヘラクレスオオカブトとその幼虫、コーカサスオオカブトを触らせてくれて写真撮影会。

そして隣接する展示場『森のなかまたち館』へ。。
にじいろくわがたモーレンカンプオオカブト ヘラクレスヘラクレスオオカブト等を木にのせた状態でケースからだしてくれて、それを子供達にもたせてくれて、またまた大写真撮影会!

下の子はケースからでてきた木と大きなカブトムシをみて大泣き。
初めは係のおにいさんに人見知りして泣いているとおもっていたのですが
次から次へとかかりの人取り出してくれるカブトムシをみては、反応して大泣きでした。外国産はまだはやかったみたい(笑)

今年は、こちらでカブトムシの持ち方(小さい方の角を掴む)を教わったので私も上の子も簡単に持てるようになりました。カブトムシを買って帰りたいというので、自分でお世話をするという約束で、雄を一匹かってかえりました

その後 おにぎりをたべて、母たのしみにしていたラベンダーアイスをたべて小休止。

最後にざりがに王国ではじめてのザリガニ釣りを経験しました。
子供はまだ上手くつれないので、結局、私がやる事になったのですが、ビギナーズラックで、一匹釣れました。その後はなかなか連れず結局一匹だけ。
ザリガニ釣りって結構難しい。他の人もあまりつれていませんでしたので
こんなもんなのか、係の人に伺ったところ
毎日新しいザリガニを朝に入れるので朝一がおすすめらしいです。
特にお昼間はなかなかざりがにもお腹がすいていないようで釣るのがむずかしい。何度も釣られているうちにザリガニも学習するからとも。。。
今度は早めにきてザリガニ釣りをしたいな。

夢見が丘という名前のとおり、今日は親子共々、夢を見ているような経験をさせてもらえました。今晩はいい夢がみれそうです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。